泡が上って行くのが圧巻です。恐いくらい幻想的で真実。What a fantasy world !

『空気は水より、つまり液体より軽い。だから上にあるし、上がっていく。上がると海が浅くなっていき、水の圧力も減る。よって空気は膨張し、20mからだったら3倍の大きさにもなる。人間の肺もこれと同じことが通用するのでレギュレーターが周囲圧を即、感知、肺の圧力に合わせていく。このため圧平衡ができる。が浮上はゆっくりと、呼吸は止めないようにしましょうね。DSC02009なーんてね。講習になちゃったね。』(笑)